幸せの青い鳥を探して選り好みをしすぎると転職に失敗する理由

相談に来られる方の中で、中途採用の転職活動にて「内定の数」を自慢にされる方がおられます。

しかしながら、数は自慢になりません。

レベルを下げれば「内定」を取ることは難しくありません。

しかし、本当に得なければならないのは「マッチした会社への好条件での内定」ではないでしょうか。

思い立ったように転職活動を始められた人の中には、企業から多くの内定をもらっても決断ができず、転職するのかしないのかわからない状態のまま、延々と転職活動を続けていく人がいます。

内定をもらったのに何故決められないのか?

それはその人の中に「転職をする軸」がないからに他なりません。

求職者の方がご相談に来られる際に、転職活動をされている時期を確認しているのですが、半年または1年以上も転職活動を続けている方がおられます。

何故なのかと尋ねると、なかなか希望する企業が見つからない、内定はいただけるのですが、とお答えになるのですが、その考えは間違ってはいません。

特に中堅層以上、もしくは部長職以上の役職者は、理想とする職場や、仕事、本当にマッチした企業と出会うことはそうそうあるものではありません。

同様に企業側も適切な人材を採用したいと考えていますから、半年から1年の時間軸で転職活動をするのは間違っていないのです。

ところが、内定を幾つも得ておきながら、いざ決断というタイミングで内定辞退を繰り返す人たちがいます。

そういう方は転職活動を勘違いしているか、「内定」を取ることが目的に変わってしまっている可能性が高いです。

本来であれば内定を取るまでの間に自分にマッチしない企業だということに気がつけるはずです。

であるにもかかわらず、最終面接までこなし、内定を得て、かつ辞退を繰り返すという無意味なことをしているw変えです。

中途採用の面接は多くの場合2回か3回です。

1次面接で現場、次に部長、その次に社長や役員といったプロセスが多いでしょうか。

企業によって段取りは変わりますが、すべての面接を終えて内定を得るまでその会社が自分にあっているかどうか、は判断がつくはずです。

内定辞退も他に決まった企業があるなら仕方がありません。

しかしながら、内定を取るのが目的になっている人は「内定をもらった」ことに満足して、それを繰り返そうとするのです。

採用する企業側も内定を出したからには「来てほしい」と考えているわけです。

ですが、内定辞退の方々は、企業側の確認にあわせ、自己主張せず、企業の方向性に沿った受け答えをしているパターンが多いのです。

本当にその会社に行きたいのではなく「内定を出してほしい」から、相手の都合のよいように受け答えをするようになっているのです。

ですが、本当に働きたいという気持ちで面接をしていないので、いざ内定が出ると辞退してしまう。

これではお互いに時間の無駄でしかありません。

内定が出るまで選考を進めてしまう理由

この手の求職者は「内定」をもらっても辞退することがわかっていて、選考を最後まで進めてしまっています。
それは何故でしょうか?

1つは、求職者が「内定」を得ることで自分の市場価値を確かめたい、ということがあるでしょう。

1社から内定をもらっただけでは市場価値がわからないと考えていて、様々な企業から内定と給与オファーを受けた状態でそれを見比べたい、と考えているわけです。

しかしながら、ズラッと内定を並べてみても「入りたい」と思って応募した企業ではないので、簡単に辞退をしてしまいます。

しかも、内定を並べてしまった時「少し入りたいと思っていたが給与の安い会社」「全く入りたくないが給与が高い会社」のように、条件面において相反する結果が出てしまい、興味を持っていた会社すらも辞退してしまうのです。

要するに「これだけ内定が取れるのであれば、入りたい会社でもっと給与が高い会社があるはずだ」のように思い込み、高望みをするようになってしまうわけです。

こうなると、企業に求める優先度上位に待遇が来てしまうため、なかなか決まらなくなります。

内定を4つも5つもとっておきながら「条件に見合わないのですべて辞退しました、次を探してください」というようなケースもあり、転職活動が幸せの青い小鳥を探すようなことになってしまっているのです。

また、この手の求職者は内定を受託しても、入ってみて思っていたことと違うことがあると「もっと良い会社があったかも」などと考えるようになります。

転職において上を目指す行為は決して悪いことではありません。

しかしながら、すべてに満足する会社がどこかに存在するなどという幻想は捨てて、自分が活躍できる会社を見極めたら後は必死で頑張るしかないのです。