転職ではコミュニケーション力と専門技術どちらが重視される?評価される?

ITエンジニアや、Webデザイナーといった専門的な職種は未経験だとなかなか採用されづらいイメージがあるのではないでしょうか。

しかしながら、最近は新卒以外でも未経験採用を積極的に行っている企業があります。

もちろん、長期的なキャリア形成が大切なので経験者の中途採用よりは縛りがありますが、未経験者だからといってITエンジニアやWebデザイナーになれないわけではありません。

未経験者であっても実際の現場で働くことで働きながら専門的な知識やスキルを身につけていくことができるのです。

今回はそうした専門技術にフォーカスしつつ、転職活動においてコミュニケーション力と専門技術のどちらが重視されるのかをお教えします。

30歳が境目となり技術重視への評価になる

最初に未経験者でもエンジニアやデザイナーといった仕事に就くことができると言いました。

しかしながら、これについてはある種の条件がつきまといます。

それは年齢に対する制限です。

もちろん、雇用機会均等法があるため募集要項で縛られてはいませんが、30歳以上で未経験者枠へ応募することはかなり厳しいのが現実です。

ですから、20代の間にしっかりと進むべき方向性を考えておき、キャリアを形成しておきましょう。

逆に行ってしまえば20代というだけで成長枠として採用してくれる企業は無数にあります。

20代のうちに知識やスキルを身につけてしまえばその経験を使って30代を過ごすことができますから、非常に楽になりますよ。

では、現在30歳以上という方はどうすべきでしょうか。

その場合は、これまでの経験を強みとしていくべきです。

あなたが専門的でないと考えているような技術であったとしても、環境を変えれば価値が変わる可能性があります。

30代以降は自分の経験を価値として企業に伝える能力が重要になります。

そして、価値が認められればその価値を高めていくだけであなたの市場価値をあげることができるのです。

コミュニケーション力が高ければ専門技術が不要な場合も?

専門的な職種は技術が高い反面、コミュニケーションスキルが低い傾向があります。

特にそれは20代において顕著で、エンジニアの方はそもそも人と話すのが苦手という方も少なくありません。

そういった現状があるため、エンジニアになりたい場合、20代でコミュニケーションスキルがある程度あれば未経験であってもエンジニア職へ転職できる可能性があります。

もちろん、技術のみを見られたら選考は厳しくなるのですが、コミュニケーションスキルをアピールすることで採用される可能性が高くなります。

なぜならエンジニアといっても常にプログラムを組んでいるのが仕事ではないからです。

業種によっては客先への常駐もありますし、打ち合わせに出席しなければならないこともあります。

また使用方法などを資料にまとめなければならないこともあり、そういった時に求められるのは高いコミュニケーションスキルです。

30代になるとコミュニケーションスキルの差は小さくなってしまうのですが、20代のうちはコミュニケーションがうまくとれるというだけで重宝されるのです。

エンジニアやデザイナーといってもプログラムを書いていたり画を描いていたりすればいいのではありません。

求められているのはその技術を使って問題を解決する力です。

ですから、面接を突破して入社してしまえば、最初はコミュニケーションスキル次第でなんとでもなるのです。

コミュニケーションスキルは最も重要で基礎的なもの

ここまでコミュニケーションスキルと専門技術のどちらが転職に重要かをお教えしましたがいかがだったでしょうか?

結論としては20代であればコミュニケーションスキルが重要視されますし、30歳以降は専門技術が重要視されます。

一番良いのは20代のうちにコミュニケーションスキルを活かして活躍しつつ、専門技術の知識やスキルを蓄えておき、30歳以降はそれらの両立で活躍することでしょう。

30歳以降になればリーダー職を求められることにもなり、そのときにコミュニケーションスキルが乏しければリーダーの職位につけないということもよくあります。

順調にキャリアアップしていくことを考えればリーダーからマネージャーになるというステップが待ち構えており、コミュニケーションスキルを問われることになるのは間違いないでしょう。

そういった上の立場になると、コミュニケーションスキルは持っていて当たり前というスキルになってしまうのです。

要するに転職を成功させキャリアアップをし続けていくためにはコミュニケーションスキルと専門技術の両方があることが理想ということです。

ビジネススキルをしっかりと磨きつつキャリアアップの転職を実現させましょう。

キャリアアップするために転職エージェントを利用しよう

こうしたコミュニケーションスキルや専門技術に関するキャリア相談は、転職支援のプロである転職エージェントに相談するとより良い答えを得ることができます。

転職エージェントでは個別にキャリアコンサルタントが担当としてついてくれますので、あなたのキャリアを相談する相手としては最も的確な相手となるでしょう。

長期的なキャリアプランを一人で考えてもなかなか難しいからです。

しかしながら、何万人もの転職を成功させている転職エージェントを積極的に利用することで、あなたのキャリアを他の求職者と比較しつつ俯瞰的に考えることができるようになります。

転職エージェントは人材を求める企業と求職者をマッチングさせる人材紹介業で、求職者側は完全無料で利用することができます。

彼らは転職支援のプロですから、希望条件を伝えればそれにあった企業、業界、職種をピックアップしてくれますし、転職活動で煩わしいことはすべて代行してくれます。

履歴書、職務経歴書の書き方から面接の指導、企業との面接の日程調整から内定後の条件交渉まで、すべてにおいてサポートを行ってくれるので、転職の手間がぐっと省けますよ。

転職がはじめてでも手取り足取りサポートしてくれますので、安心して転職活動に挑むことができます。

コミュニケーションスキルを活かし20代で専門技術を身につける転職にオススメなのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で15万件を超える求人案件を持ち、かつそのうちの90%は外部には出ない非公開求人です。

年収や待遇がよい企業の求人を数多く有しており、年収アップ、待遇アップには最も向いている転職エージェントです。

大企業の関連会社のような、業績が安定しており待遇がよい求人から、業績が伸び続けているベンチャー企業の求人まで幅広い案件を扱っているのも強みで、エージェントも手慣れているのであなたの転職のサポートを書類作成から、面接対応までしっかりやってくれますよ。

求人は事前にエージェントが選りすぐったものですので、離職率が高い企業や労働環境に問題がある企業を避けることもできます。

土日でも相談にのってくれますし、在籍中から登録してキャリア相談をするには最適です。

非公開求人には優良求人が数多くありますから、あなたが一人では見つけられない求人に応募することもできますので、是非利用してみてください。

完全無料ですし、登録も5分で終わりますからまず登録だけでもしておくといいですよ。

Follow Twitter
SHARE