柔軟な発想と広い視野をもって投資をゲームとして楽しめば稼げる

こんにちは、リョウです。

人が投資をしようと考えるときは、「お金を儲けたい」という気持ちを持って始めることが多いはずです。

もちろん、儲けることは大切なのですが人間にとって「欲」というのは抗いがたいものでして、「儲けたい」「儲けよう」「儲けなければ」と感じているときほど、投資では失敗しやすくなります。

インデックス投資こそが最強である?

先日、あるインデックスファンドの積み立てを毎月している投資家のブログを読んでいました。

そのブログでは、個別株投資や外貨投資、FXなどはリスクだらけの間違った手法であり、インデックスファンドの積み立て投資こそがリスクもなく初心者から達人まですべての投資家がとるべき正解であるように書かれており、少なからず違和感がありました。

なぜなら、インデックス投資というのはルーレットでいえばすべての目にベットするような投資だからです。

小勝ちはするものの決して大きく資産を増やすことはできません。

投資には絶対解と呼べるものは存在しないんですよね。

インデックスファンドの積み立て投資は平均的な収入のサラリーマンでも実践しやすい方法ですし、長期的に見れば大きく負けることもない投資方法です。

しかしながら、大きく儲けることもできないので資産を形成するという目的を達成できません。

すでに5億や10億持っている資産家がインデックス投資のみにお金をつぎ込まないのと同じ理由ですね。

経済的な状況、社会的な状況、投資に回せるお金の金額が異なっていくので、すべての投資家にとってベストな方法など存在しないのです。

今あなたが行っている投資手法は、数ある投資手法のなかでどのような位置づけなのでしょうか?

より広い視野を持って、客観的に考え直してみることが必要です。

1つの手法のみに入れ込んでそれに固執しすぎることは、大きな機会損失につながってしまうからですね。

信託報酬0.01%の違いを気にしますか?

そのブログにはさらに不思議な点がありました。

それは、0.01%の信託報酬の違いを見て、同じ指数に連動しているファンドでも少しでも手数料が安い商品を選ぼうとしていて、安い商品がでるたびにすぐに乗り換えをしてポートフォリオが良くなった、と主張していたからです。

確かに、投資においてコスト負け(手数料負け)しないというのは大切な点です。

しかしながら、同じ指数に連動している投資信託の信託報酬0.01%の差を気にして資産を移してばかりいることは資産を形成ているとはいえません。

逆にその手続きに使った時間と労力がムダですから損をしているくらいです。

山ほどある金融商品の中から、現在に適したポートフォリオを維持していくのに同じ指数を見てわずかな手数料に右往左往するなんて意味が無いわけです。

投資にかけられる時間が限られている兼業投資家が大きく儲けようとするのであれば、儲かるところに時間をかけなければ意味がありません。

インデックス投資の最大のメリットは「何も考えなくても良いこと」

そもそもインデックス投資の最大のメリットは、積み立て設定をしておくだけであとは勝手に資産が積み上がっていくことです。

そうして時間をかけない投資をつくるからこそ儲かる投資に時間をかけられるようになるわけです。

インデックス投資を有効に使えるケースは、あなたなりのポートフォリオを構築し、それに合わせたファンドの積み立て設定をするだけ、ほったらかしにすればできることだけ。

なのに、信託報酬のわずかな違いで乗り換えを繰り返していたのでは、インデックス投資のメリットを殺してしまっているわけです。

どうせ投資に時間をかけるのであれば「より儲かる投資」に時間を使ってください。

ETFなど他の投資対象にも目をむけよう

その投資家は信託報酬の差を気にしていた割には海外ETFのようにさらに手数料が低い投資には目を向けていませんでした。

海外ETFはドルを積み立てないといけないので毎月の積み立てには向いていませんが、まとめて購入することで手数料負けを防ぐことができますし、通常のインデックスファンドよりもお得になります。

このように、インデックス投資で着実に儲ける、といったことだけに目を向けていると視野が狭くなってしまい、そのせいで儲けられなくなってしまいます。

投資に重要なのは大局観

細かい手数料の違いを気にするよりも、より大局的なことに目を向けることで投資は楽しくなります。

今、世界で成長している国はどこか?

世界経済の中心になる可能性のある国や地域はどこか?

世界の景気の波はどうか?

リーマンショックのような投資のチャンスが近いうちに訪れるか?

今、投資をするならどれが一番儲かるか?

それとも、キャッシュを温存しておくべきか?

はっきりいって情報量で劣る個人投資家が機関投資家に勝つのは並大抵のことではありません。

色々と考えていかなければ大儲けはできないのです。

相場を傍観しながら儲かるチャンスに投資できるのが個人投資家の強み

機関投資家は投資のプロですから、個人投資家が投資に関する成績で勝利することはできません。

ですが、それは平均の話です。

個人投資家の強みは、投資のタイミングを自分で自由に選べることです。

投資をしたくない時期=儲からない時期には、投資をせずに相場の成り行きをただ見守ることができます。

機関投資家は投資をするのが仕事ですから、どのような相場のときにも利益を出し続けることを求められます。

勝ち目の高い相場になったときだけ投資し、それ以外の期間は静観する。

これが個人投資家の儲ける手段です。

絶対収益を目指すはずのヘッジファンドなどを見ているとよくわかるのですが、景気が悪いときはマイナスの成績を出し続けます。

これは、どんなに市場が悪くても投資をしなければならないからに他なりません。

ですが、あなたは「儲かるときにだけ投資をすることができる」のを忘れないでください。