転職するということは「年収/労働時間/仕事内容」の最適化をすること!

「次にやりたいことがあるわけじゃないけど転職したい」

「このままの仕事だと不安だから転職したい」

「次に何をするべきかわからないけどラストチャンスかも」

転職を考えている人のなかには、こうした明確な動機がないにもかかわらず動いている方も多数おられます。

明確に次やりたい仕事が決まっているのであれば転職は成功しやすいのですが、ぼんやりとしたイメージしか持っていないままに転職活動を行うと、どうしても迷いが生じたり、間違ったゴールへ向かってしまうため、転職はほぼ間違いなく失敗します。

こうした「迷走」を避けるためには転職が「年収/労働時間/仕事内容」の最適化を行う作業だということに着目すべきです。

今回は、転職成功のコツである上記3点についてどのように考えればいいかを紹介します。

あなたはいくらほしいですか?

年収について考えるとき、いくら欲しいかを考えなければなりません。

新卒の時は歩合制の営業でもないかぎりは、給与というのは横並びです。

しかし、社会人としてキャリアを積んでいくうちに、必ず年収の差は生じてきますし、それが段々と大きくなっていきます。

例えば、30代で年収1,000万を実現できる人間と、まだ300万に甘んじる人間、3倍以上の差が生じるわけですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

業界が違いすぎる、職種が違いすぎる、などと考えられるかもしれません。

では、アニメ業界のアニメーターと、ゲーム業界のアニメーターを比較してみましょう。

アニメ業界のアニメーターは薄給で有名で30歳になっても200万以下しか貰えないことがほとんどです。

しかし、売れ筋のゲームを扱っているゲーム会社であれば年収600万というのも珍しくありません。

同じアニメーションを扱う職種であるにも関わらず、なぜこれだけの差が生じるのでしょうか?

答えは簡単で「スマホゲームは売れているが、アニメの円盤は売れていないから」です。

もちろんゲーム業界ならどこも儲かっているというわけではなく、会社の規模や業績は様々です。

そして、会社が儲かっているかどうかで年収は大きく変わってきますから、転職の際は必ず業績と平均年収をチェックして転職先を選ばなければなりません。

もちろん、やりたいことが明白で「年収が低くてもやりがいがあればいい」というのであれば良いのですが、人間はやりがいだけでは生きていないものですから、最低限の給与に関しては基準を持っておきましょう。

入社時の年収だけでなく、入社後の昇給率や業界の平均年収などをチェックしておくことで、給与のステップアップが可能かどうか見極めることができます。

転職活動を効率的に進め、最高の転職を実現させるためにも年収はきちんとチェックしておきましょう。

労働時間と仕事内容はどうか?

いくら年収が高くなったとしても、労働時間が長すぎて過労死したり、心を病んだりするようでは意味がありません。

ちょっとくらいお金があっても、身体を壊したり、精神を病んでしまったら、長期的にみたら損をすることになるからです。

ですから、気になる企業に関しては口コミなどを見てどのような働き方をしているかチェックしておきましょう。

労働時間が長い企業や業種は、必ずといっていいほど離職率が高いですから、離職率をチェックするだけでもある程度業界の待遇が見えてきます。

ただし、離職率は求人票などに載っていないので、就職四季報などを見るなり、転職エージェントから情報を得るなりして正しい目安を持ちましょう。

また、仕事内容があなたにあっているかも重要です。

例えば、人見知りで内向的な性格なのにもかかわらず、外回りを強要されるような職種についても大変なだけです。

人はそう簡単に変わることはできないので、あなたにあっていない仕事を選んでも、どこかで破綻することは間違いないです。

また、社風もそうで、知的労働者が体育会系の会社に入社してノリがついていけないといって辞めてしまうようなこともあります。

給与は労働時間だけではなく、仕事内容や社風といったものも、あなたの転職を成功させる重要なポイントなので、求人票の数字や文字に騙されないようにしましょう。

入社してから「やっぱり違った」などとならないようにしなければなりません。

転職で失敗する人は何となく転職している

転職とは、人生における重要な転換点です。

それなのにも関わらず、転職を甘くみて「こんなはずじゃなかった」と後悔する人が後を絶ちません、

転職に失敗する人たちは、転職の基準をハッキリと定めず、前準備や情報収集もきちんとしないままに、適当に転職先を決めてしまっているので、当然ながら転職に失敗するのです。

残念ながら、日本にはブラック企業はたくさんありますし、優良企業であってもあなたに合わなければ長く勤めることはできません。

何も知らない新卒時にそうしたミスマッチを起こすのは仕方がないのですが、中途入社である転職では事情が異なります。

転職はあなたの人生を変えるチャンスなのですから、きちんと調べていれば人生を良い方向へ変えることができます。

なので、情報収集をサボったり、面倒くさがって適当な会社へ転職を決めるのは絶対にやめましょう。

転職失敗してもやりなおせる、と思ったら大間違いです。

転職失敗をするだけでキャリアが傷つきますから、次はもっと条件の悪い企業へしか転職できなくなりますよ。

求人先の情報は転職エージェントから入手しよう

年収の相場や昇給率、仕事内容、社風、労働時間というのは求人票からはわかりません。

どうすればこれらの正しい情報を集められるのでしょうか?

答えは簡単です。

転職支援のプロである転職エージェントを利用するのです。

転職エージェントは完全無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。

エージェントは求人を出している企業から報酬を受け取るので、あなたがどれだけ利用しても無料です。

転職エージェントに登録すれば、履歴書や職務経歴書の作成から面接の仕方、求人の選び方など、転職支援のプロからアドバイスがもらえるので、転職で失敗する確率を大幅に下げることができます。

また、エージェントは企業の内部情報にも精通しており、激務な会社や、業績が危ない会社などに関しても情報を持っています。

そのため、あらかじめ条件を伝えておけばあなたにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職についてもしっかりサポートしてくれますから、あなただけで転職活動しようとするのではなく、きちんとサポートを受けられるようにしたほうが良いですよ。

あなたが転職を成功させたいと考えたときに最適なのが転職エージェントから示される様々な案件であり、その中でもオススメなのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で15万件を超える求人案件を持ち、かつそのうちの90%は外部には出ない非公開求人です。

年収や待遇がよい企業の求人を数多く有しており、年収アップ、待遇アップには最も向いている転職エージェントです。

大企業の関連会社のような、業績が安定しており待遇がよい求人から、業績が伸び続けているベンチャー企業の求人まで幅広い案件を扱っているのも強みで、エージェントも手慣れているのであなたの転職のサポートを書類作成から、面接対応までしっかりやってくれますよ。

求人は事前にエージェントが選りすぐったものですので、離職率が高い企業や労働環境に問題がある企業を避けることもできます。

土日でも相談にのってくれますし、在籍中から登録してキャリア相談をするには最適です。

非公開求人には優良求人が数多くありますから、あなたが一人では見つけられない求人に応募することもできますので、是非利用してみてください。

完全無料ですし、登録も5分で終わりますからまず登録だけでもしておくといいですよ。