転職を決意してから準備すると失敗するという真実

働き方を変えてもなお、今の会社ではやりたいことができないとなれば転職を考えることになります。
ただし、基本は現職に残る道を模索することも忘れないでください。
転職をすることが目的になってはいけません。
キャリアアップをすることこそが目的なのです。

最初に、このサイトでもお伝えしているように自分にとって相性の良い人材紹介会社もしくは、コンサルタントとお付き合いをすることを考えなければなりません。

それでも転職したいあなたに【人材紹介会社の確実な選び方】 正しい転職コンサルタント/エージェントの選び方とは?

手回しの良い方であれば既に良好な関係を築いているかもしれません。
その場合は、転職に前向きになったので一度面談したいという一報を入れるべきです。

その際には良い案件がなかったとしても、面談実施時にターゲットとなる企業の条件を再設定し、改めて転職に向けて何を実現したいのかをすりあわせてください。
今までは条件にあわない企業を受けないということもあったでしょうか、この段階では視野を広げて考えるべきです。

全く興味がない企業に応募する必要はありませんが、転職を考えている以上、様々な選択肢を視野に入れた方が良いからです。

その際には条件を少し緩和することも考えてみてください。そうすることで間口が広がり、選択肢も増えてきます。
ただし、条件を緩和する際は必ず職位なのか、給与なのか、それをはっきりしてください。
何でも条件を下げるのではなく、譲れる条件を設定しなければいけません。

選択肢を広げることで応募がたくさんできると思うかもしれませんが、体はひとつですから、応募企業は厳選すべきです。
面接も一日に1件まで、毎日連続でやるようなことも避けてください。

なぜなら1つ1つの面接の精度が必ず下がるからです。
あまりにも面接を詰め込むと、企業の情報収集がまともにできなくなりますし、面接時の対応も疎かになります。
面接先の企業を研究することは基本中の基本ですが、精度をあげようとすると数をこなすことはできなくなります。

また、毎日していると体力も精神も大きく削られます。
面接は戦いなのです。あなたが考える以上に消耗しますので、体力も気力も万全で挑むように日程を調整しなければなりません。

面接で見極めるべきポイントはいくつかありますが、面接を受けて魅力を感じなかった企業にはなるべく早めに辞退を申し出てください。
たとえ、面接を通っていたとしてもです。
最終的に内定が出てもいかないと考えている会社を受け続ける意味はありません。

面接で魅力を感じ、やりがいがあると信じられる企業のみオファーを受ける段階まで頑張りましょう。
内定を得たときコンサルタントを通じて条件交渉をすることを忘れないでください。

転職の機会は生かす、だが妥協はしないという気持ちで挑まなければなりません。

あなたの希望を100%叶える企業はない

このようなことを言うと「えっ」と思われるかもしれませんが、あなたの希望は100%叶うわけではありません。
転職自体はお見合いと同じで、様々な相手と出会うわけですがあなたが望んでいる相手がいない、ということは十分ありえます。

すべてが完璧な人間がいないように、すべてが完璧な企業もまたありません。
現実を受け止め、出会った企業に縁を感じて転職するという選択も良いですし、今は時期ではないと考え、一旦転職を保留するという考えもありです。

ただし、待ちすぎて婚期を逃すということもあります。
婚活でこんな話を聞いたことはないでしょうか?
女性が「年収1,000万以上で、四大卒で、身長170cm以上で、容姿は普通以上で、太っていなくて、誠実な男性を探しているのだが見つからない。気がつけば40歳になってしまった」というような。
笑い話ではありません。これは転職でもよくあることなのです。

企業によっては年齢制限がありますし、以前は楽々受かったような会社でもあなたの年齢があがれば受け入れてもらえなくもなります。
それもあなたの選択です。
結婚するという選択肢があれば1人で生きていくという選択肢があるように、転職するという選択肢と転職しないという選択肢があるのです。
どちらが正しいかはわかりませんし、未来永劫わからないでしょう。

だからこそ自分が選んだ道をしっかりと生きるべきなのです。
物事を決めるときは、どう考えて行動し何をもって判断し決断したかがすべてです。
自分で判断し、自分で決断した以上、その選択には自分が責任をとるのです。

退けない状況に自分を追い込んではいけない

転職活動で絶対にやってはいけないこととして、転職しなければならない状況に自分を追い込んでしまうことです。
不退転の気持ち、背水の陣、それは聞こえは良いことですが、職を失っては何の意味もありません。
「どうせ辞めるのだから」と現職の仕事を疎かにした結果、転職できなかった人もいます。
そういった自分を追い込むことは絶対にやめてください。

しかしながら、転職には自己都合と会社都合があります。
自己都合はあなたが転職したいときがそれですが、会社都合は違います。
会社が業績不振である、業務縮小をする、業態を変更するといったような状況で、リストラや人員整理を行うケースがあります。

その場合は早期退職者制度などが実施され「いついつまでに辞めればお手当をもらえるのだ」という状況に置かれることもあるでしょう。
しかし、そのような状況でも悲観的になる必要はありません。

能力が劣っていたために退職になったのではなく、単に会社の問題でやむを得ない決断だったことが証明できさえすれば良いのです。
ただ、早期退職者制度を使うにしても、最後まで働きながら次を探すことをお勧めしています。

私も企業側の人間としてリストラ面談に参加したことがありますので、気持ちはよくわかります。
「お前は不必要な人間だ」と言われているようで大変辛いものです。
私の面談のときにも泣き出してしまう人さえいました。
「いままでこの会社で頑張ってきたのは何だったのか……」と感じられるのも無理はありません。
ですが、悔やんでいても始まりません。
一刻も早く気持ちを切り替える必要があります。

こういった状況にならないためにも余裕があるときに転職の準備をしておくべきです。
突然リストラを言い渡され、今すぐに転職しなければならないのですが、どうすればいいでしょうか、と相談に来られる方も増えています。

転職は突然やろうと思ってうまくいくものではありません。
普段から転職することに備えておくことが大事です。
退職後、初めて現実を知って絶望したり、自分の価値が転職市場ではないことがわかった、などという状態は絶対に避けてください。