お金があれば幸せになれるわけではないが無ければ損をする3つの理由

お金があれば幸せになる訳ではありませんが、無いと損をする場面があるのも事実ですよね。

では、実際にお金があるとどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

投資を楽しむためには「お金がある、お金が増える」ことが前提ですから、お金を持っているとこんなに良いことがあるということを知っておくとモチベーションにつながります。

お金があると得られる主な3つのメリット

お金があると基本的に選択肢が増えますからここに記載するメリット以外にもたくさん良いことがありますが、サラリーマンの皆さんにとって特に利点となることをあげていきます。

仕事を選べるようになり結果を出せるようになる

お金があると仕事で無理難題を振られたときにも心の余裕ができます。

なぜなら、無理難題をなんとかできなくても生きていくことができるからですね。

逆に貯金がまったくなく、今の仕事を失ったら1ヶ月も生活できない、という状況では「絶対に失敗できない」といったようなプレッシャーを自らかけることになり、それだけで仕事が辛いと感じるようになります。

また、会社の評価で給与がアップしなかったりすればそれだけでもダメージを受けます。

あなたがお金持ちであれば、やりたくない仕事、社会的に意義がない仕事、道徳に反するような仕事、給与が上がらないような仕事などに手を染める理由がありません。

そもそも仕事が嫌いで働きたくない、と感じている人も多いことでしょう。

ですが、給与で生活資金をまかなっている以上は「働かない」という選択肢は採りづらいわけです。

本業以外の収入があれば給与を気にせずあなたの好きなことを仕事にすることができます。

あなた自身や子供に良質な投資ができる

学歴社会は終わりつつありますが、逆に実力主義が少しずつ到来してきています。

要するに自己投資などをして勉強をしていかないとなかなかスキルや経験は身につきません。

例えば学校教育では役立たないと言われている英語。

英語のスキルを身につけらればそれだけで年収アップも可能ですが、何せ高額です。

例えば、GABAのようなマンツーマン英会話や英語のパーソナルジムなどに通えばそれだけで数十万が飛んでいきます。

自己投資すれば結果が得られることはわかっているのに、なかなかできないのも事実。

ですが、お金があればあなた自身、もしくは子供に良質な投資を行うことができるようになります。

質の高い教育に投資することで人間関係も改善されますし、将来的な成功確率を大きく高めることもできます。

他人の時間を買えるようになる

お金があれば、他人の時間を買えるようになります。

例えば、あなたのやりたくないような雑務や、家の掃除、洗濯、炊事、これらはすべて外注可能です。

これらを外注した結果、その分あなたは自由な時間を手に入れられます。

この得られた時間はあなたが好きに使うことができるので、遊んでもいいですし、勉強してもいいですし、何もしなくても構いません。

これはお金を持っていることによる一番のメリットとなります。

1日が24時間であるということはすべての人間に平等に与えられたものであり、その中で「やらなければならない事務的なこと」を減らすことができればあなたの時間は相対的に増えます。

それにより、あなたはあなたにしかできないことができるようになりますし、つまらない雑務は他の人に委任すれば良いのです。

お金があればあなたの生活のつまらない雑務を外注化することができるようになるので、今までの人生が数倍の長さに感じるようになりますよ。

これによって、お金持ちはさらにお金を増やすことができ、貧富の差が広がっていくということでもあります。

最後に

今回はお金を持っていることによるメリットについてお話ししました。

お金を持っていれば必ず幸福になれるわけではありませんが、お金を持っていて有効活用する方法さえしっていれば、かなりの確率で幸福になれます。