本当は教えてはいけない転職コンサルタントをおすすめしない理由とは

今回は転職業界ではタブーとも言われている不都合な真実をお伝えします。
なぜなら、これを求職者が知らないことはフェアではないからです。
そして、無責任に転職コンサルタントを使うように勧めるサイトがひた隠しにしていることです。

転職コンサルタントは無料の嘘

多くの転職サイトは転職コンサルタントは無料だから、とりあえず登録しておきましょうと勧めてきます。
確かに転職コンサルタントの登録は無料ですし、相談に行ってもお金はかかりません。

では、転職コンサルタントはボランティアや慈善事業で転職相談を行っているのでしょうか?

もちろん、そうではありません。
転職コンサルタントは企業からお金をもらっているのです。
では、転職コンサルタントはどういう時にお金がもらえるのでしょうか?

それは、契約している企業にあなたが転職したときです。

転職コンサルタントが所属する人材紹介会社は企業と契約を結んでおり、入社が確定した時点で手数料を受けとれる契約になっているのです。
では、いくらもらえるのでしょうか?

業界の標準的な手数料は年収の30%~35%です。

要するに、30%なら年収500万の求職者が転職を決めれば人材紹介会社には150万円入ります。
これが人材紹介会社の儲けになります。
ですが、この30%~35%はあくまでも業界標準でしかありません。
転職市場にはとにかく人が欲しい、どんどんうちに人を推薦してほしい、という会社もあります。

そういう会社がどういった方法をとるか?
個別の契約でこの手数料の割合を引き上げるわけです。
私が知っているA社(新卒の年収を1,000万にした会社)では、この手数料を100%に設定しています。

すると何が起きるでしょうか?

他の会社に年収500万円の人を転職させても150万にしかなりませんが、
このA社に転職させれば500万円が会社に入るようになります。

この手数料が上がっても、相談にいく求職者は一銭もかかりません。
しかし、求職者にとって不都合なことが発生します。

コンサルタントのインセンティブと査定システム

転職コンサルトはあなたと同じサラリーマンです。
簡単に言えば、あなたと同じで会社から評価されお給料をもらっています。
ということは、コンサルタントは高い手数料を得て会社に利益をもたらした方が評価されることになります。

転職コンサルタントの立場に立って考えてみて下さい。
転職させることで150万の成績になる会社と500万の成績になる会社、どちらに転職をさせたいでしょうか?

もうおわかりですね。
転職コンサルタントは報酬の高い会社を強くお勧めするようになります。
そして、契約をしていない会社の案件は絶対に勧めてきません。
その会社へ転職したとしても人材紹介会社には1円も入りませんし、成績にもならないからです。

転職コンサルタントが持っている案件は会社が契約をしている企業のものしかありません。
そして、契約条件が良い企業の案件が優先されやすい傾向があります。

早期退職時の罰則規定

転職先の企業は非常に高い手数料を支払っていることがおわかりになるでしょう。
あなたが転職をするだけで100万以上のお金が動くのですから。
しかし、もしあなたが転職先の企業で「考えていたような仕事ではなかった、もう辞めたい」となったらどうでしょうか。

転職コンサルタントが報酬を受け取るタイミングは契約にもよりますが、基本入社決定月もしくは翌月です。
ですが、お金はもらっておきながら人材が退職してしまったでは企業は丸損です。

なので、入社後一定期間で退職した場合は、報酬を一部返還しなければならない契約になっています。
こちらも契約内容で変わりますが、業界標準としては、

これくらいの返還になっています。
一定期間を過ぎれば手数料の返還はありません。

そして、この手数料の返還が続くようであればコンサルタントは社内での評価も下がりますし、
企業からの紹介会社への信用度も下がります。
あまりに返還が続くようであれば、顧客企業から契約を打ち切られるケースさえあります。

そもそも、企業側も複数の人材紹介会社を利用しているので、その会社のパフォーマンスを見ています。
月の斡旋人数、書類追加率、一次面接通過率、二次面接通過率、内定率、内定辞退率などをきちんとおさえており、
成果がでない紹介会社に対しては厳しい措置を取ることもあります。

欲にまみれた転職コンサルタントばかりではない

ここまでお読みになってどう考えたでしょうか?
「なんだ、転職コンサルトなんて利用するべきじゃないな」そう思われたかもしれません。
しかし、それは違います。

確かに転職コンサルタントはボランティアでも慈善事業でもありません、れっきとした仕事です。
だからこそ、真剣にあなたの適職を探してくれていると言い換えることもできます。
業界に質の悪いコンサルタントがいるのは本当です。
転職者のことを考えず、自社の利益だけを優先して転職を決めさせる、そんなコンサルタントに引っかかってはいけません。
最高の転職を実現できれば、あなたも幸せになり、コンサルタントの成績もあがり、企業も助かります。
コンサルタントを利用する以上、そうった形が理想型です。

この記事では、あなたの転職が転職コンサルタントの成績や評価に影響することをお伝えしました。
要するにあなたが転職コンサルタントにとって価値がある人材であれば、転職コンサルタントはより親身になって相談にのってくれます。

コンサルタントによってはあなたを商品と考え商品価値を高めようとしてくるかもしれません。
ですが、あなたは商品ではありません。

私が問題だと考えているのは転職コンサルタントを利用しているつもりで利用されている求職者が多いことです。
転職コンサルタントは利用するものであり利用されるものではないことを知りましょう。

転職コンサルタントを利用すると得られる利点

私は転職コンサルトを何も知らず使うべきではない、うまく利用するべきだと伝えるようにしています。
では、利用することで得られる利点もお教えしましょう。

非公開求人を知ることができる

転職コンサルタントには外部には非開示でも企業の情報が入ってくるケースがあります。

「F社は新規プロジェクトを立ち上げたいが参加メンバーを探している」
「I社は新規事業をはじめたいので責任者、リーダークラスを探している」
「Z社は福岡に拠点を立ち上げたいので、立ち上げに参加できる人材が必要」
「B社の部長の○○が退職をするため、代わりになる人材を探している」

といったように、会社の公式サイトでは公に募集できないような求人が入ってくるケースが多いのです。
これらは秘密裏にかけられている求人なだけあり、条件が良く、かつ重要な役割を任されることも多いです。
転職コンサルタントを使う理由のひとつに、個人では知り得ない情報が得られるということがあります。

会社の隠された評判がわかる

最近は転職会議VORKERSのように匿名の社員口コミサイトがあり、外部からでもある程度内部の状況がうかがいしれるようになりましたが、人材紹介会社にはさらにセンシティブな情報が集まります。

「最近のあの会社は業績がまずい」
「あの企業ではリストラが始まっている」
「あそこが退職率が高いのは○○ということが起きているからだ」
「あの××さんが独立をしようとしているらしい」
といったネガティブな情報から、

「この会社は業績が絶好調で、社員もドンドン増やしている」
「ここは近々オフィスを移転して事業拡大するらしい」
「直近で転職が成功したBさんの話からも、このC社はかなり良い労働環境だ」
といったようなポジティブな情報までが自然と集まってきます。

これらの情報もなかなか外から見ただけでは分かりません。
上場企業であれば決算書を読めばわかることもありますが、それ以上の情報が転職コンサルタントの会社には集まります。
なぜなら企業の詳しい内情の情報は人材紹介会社、コンサルタントにとって生命線だからです。
立派な公式サイトを持っていても、格好いいことをIRの資料で言っていても、内情は火の車という会社はたくさんあります。
これらの企業情報を個人で集めることは不可能です。

面接のフィードバックをもらえる

個人で転職活動をしていると面接のフィードバックを得ることができません。
普通はテンプレのお祈りメールが届くだけです。
「どこが悪かったのでしょうか?」ということをメールしても教えてはくれません。
しかしながら、お断りされた場合でもコンサルタントを通じてフィードバックが得られます。

これにより、面接がなかなか通らない場合に原因を探ることができますし、面接内容自体をコンサルタントに伝えることで、どこが悪かったのか具体的にアドバイスもしてもらえます。

逆に良かった点や魅力を感じた点もフィードバックされるため、以後の面接をより有利に進めることができます。

条件交渉で有利になる

これは最も重要と言える点かもしれません。
もしあなたがD社から内定を戴いたとします。
しかし、既にE社からも内定をいただいており、D社の方が魅力的ですが給与の条件面がE社の方が良い、ということが起こりえます。

こういったとき、個人では企業側に「御社に魅力を感じておりますが、E社からも内定を戴いておりこちらの条件が年収○○円であるため、迷っております」などと伝えにくいものです。
ですが、コンサルタントを通じていればこの交渉は容易です。
「この方は4社から内定が出ています。優先順位としては御社とE社が拮抗しているようですが条件面でE社の方が良いです。必要な人材であれば条件面も含めてクロージングされるべきです」
といったように、シビアに交渉を行ってくれます。

また、他の面接が平行して行われている場合、内定承諾を急がされるケースがありますが、この場合でも内定承諾の返事の時期を調整することもできます。

個人では足下を見られがちなところをコンサルタントがカバーしてくれるわけです。

まとめ

本当は教えてはいけない転職コンサルタントをおすすめしない理由、いかがだったでしょうか?

転職コンサルタントを利用する利点は確実にあります。
しかしながら、ただただ言うことに従っていれば転職がうまくいくものではありません。
転職を有利に進めるためにはあなたが転職をコントロールしていく気持ちが必要です。

また、転職コンサルタントを利用したとしても必ずしもコンサルタント経由で転職しなければならないわけでもありません。
あなたが最高の転職をするためにコンサルタントをうまく利用していきましょう。