資産形成で一番大切なのはタネ銭を貯めること〜まず500万を貯めよう〜

あなたが資産形成する上で一番大切なことは何でしょうか?

それは、種銭を貯めることです。

なぜかというと、種銭が大きいか小さいかで儲かり方のスピードが変わってくるからです。

そもそも株式などの金融資産に投資するにせよ、不動産に投資するにせよ、その元手となるお金が数十万しかなければ儲かるものも儲かりません。

今回は種銭を貯める難しさとその方法についてお教えします。

資産形成において一番大切かつ大変なのは種銭を貯めること

このサイトでは今まで様々な投資について書いてきていますが、これらに関して有効に使えるのはやはり数百万以上投資に回せる人となります。

毎日の生活が一杯一杯でそこから抜け出したいという人たちにとって、投資関連の情報は知識になるかもしれませんが、それを実践できなければ儲けることはできません。

ですから、物事には何事にも順序が必要ということです。

給与所得がある人は種銭を貯める上では非常に有利な状況

今現在、給与所得がある人は種銭を貯める上では非常に有利な状況にあると言えます。

なぜなら資産を形成するために、あなたが動ける範囲で給与所得を最大化することができるからです。

仕事で頑張って給与を稼ぐこともできますし、残業代などで稼ぐこともできるかもしれません。

もしあなたが今ブラック企業で薄給に苦しんでいるのであれば、残念ですが資産形成どころの話ではなく今すぐ転職を考えた方が良いです。

そもそも、安定した給与所得から種銭を生み出さなければ投資効率は良くなりません。

50万円から投資を始めるより500万円から投資を始めた方が資産形成のスピードが圧倒的に速く(10倍以上)になります。

節約と節税を組み合わせて種銭構築を加速化する方法

給与所得では、ほとんど手元に余剰資金が残らないという人がたまにいます。

そういった人はおそらく無駄遣いが多すぎます。

無駄遣いをするのは「お金がお金を生み出す状況」を構築してからでも遅くありませんので、まずは節約を心がけましょう。

副業を持っている人はさらに種銭を貯めるのが楽になります。

なぜなら節税ができるから。

例えば、あなたがブログでアフィリエイト収入を月に3万でも得ているとしたら、もしくはランサーズやクラウドワークスのようなサイトで仕事を受注して月に3万くらいの収入を得ているとしたら、それは立派な副業です。

この場合はあなたの家の家賃や電気代、水道代、ガス代といったものを経費として組み込むことができるようになります。

すなわち国に持って行かれる税金を努力次第で減らしていける状態ということです。

種銭は最低でも500万以上にしよう

種銭は最低でも500万以上にするのが最初の目標になります。

例えば、50万円で年利3%の投資ができたとしても年に1.5万円にしかなりません。

ですが、500万であれば年に15万円、5000万円であれば年に150万円とまったく話が変わります。

今、あなたが月に数万収入が増えるとしたらどうでしょうか?

しかも、投資は完全な不労所得として利益を得ることもできます。

このように金融資産に対する投資というのはスケールメリットが大きく働くため、やるならば大胆かつ大きな規模でなければならないということです。

あなたが不労所得の収入源を複数つくることができれば、資産形成のスピードはあっという間に給与所得を超えるでしょう。