社会人が専門学校に通ってまでキャリアチェンジする意味とは?

転職というのは、本来であれば今までの知識や経験を活かして次の会社を探すわけですが、転職時にこれまでとはまったく違った業界や業種を選択したいと考える人は少なくありません。

未経験でも転職できる業界もありますが、やはりそれが難しい業界もあり、場合によっては何かしらの教室や学校に通って実務スキルを身につけてから転職しようとする人もいます。

もちろん、これは選択肢の一つにしか過ぎないのですが、手に職をつけたいと考えているのであれば有効な選択肢の一つとなります。

そこで、今回は専門学校に通うことでキャリアチェンジする方法と、そのメリットとデメリットについて紹介します。

医療系に進みたいなら進学するしかない

社会人になってから、もう一度学生からやり直したいと感じる人は思いのほか多いようです。

実際のところ、最近の専門学校は夜間部を持つところも多いのですが、中を見てみるとほとんどが社会人経験者だったりします。

中には会社員として勤めながら、業務終了後に通学をしている人も少なくありません。

特に医療や福祉分野へのキャリアチェンジを考えている人は、専門学校を選ぶ傾向が強いようです。

なぜなら、医療系、福祉系の国家資格のほとんどが、国から認定されている所定の教育機関を卒業することを義務づけているからです。

医師や看護師はもちろんのこと、理学療法士や、作業療法士といった国家資格は学校を卒業しなければ取得できないものなのです。

40代、50代のサラリーマンであっても親の介護をきっかけにして、これらの業界に興味を持ち転職をしたというケースも実際にありました。

かなり大胆な選択ではありますが、そこまで真面目にキャリアを積み上げてきた方たちは、真面目に学校に通うことで新たな人生を切り開くこともできるわけです。

また、専門の資格は必要ないもののIT業界への転職を志している人はプログラミングスクールなどへ通ってプログラミングの知識を身につける人たちもいたりします。

社会人になってからもう一度学生になるメリットとデメリット

学校に通うというのは社会人としての職歴をリセットするように見えるかもしれません。

数多くの職歴を見てきましたが、例えば、大学を卒業して新卒で勤めた会社でバリバリ働いていたものの「何か違うな」ということを感じ、思い切って業界を変えるために学校へ通い見事転職を実現させた人もおられます。

学生時代とは違い勉強の目的が明確であるため、学習意識も高く熱意を持って勉強に取り組めるため良い転職も実現しやすいのでしょう。

経営に触れることになりMBA取得を志される方もおり、進みたい方向性や学びたい分野がはっきりしている場合は、大学や専門学校で学び直すのはかなり有効な選択肢となります。

しかしながら、大学や専門学校に通うということは2年から4年の月日を使ってしまうことに気をつけなければなりません。

明確な理由がなければ転職の面接の際に不利になりやすいですし、転職の旬である年齢を過ぎてしまうこともあるので、計画性を持って学校へ通うことが必要となります。

大学を卒業し24歳新卒で3年働き、そこから学校に行こうとすると2年の専門学校であっても卒業時には29歳です。

中途採用において29歳といえば経験5年に相当し、学校に通っているとはいえキャリア未経験となると転職市場ではかなり厳しい戦いを強いられます。

ですので、学校に通うのであれば計画性を持って行ってください。

そうでなければ、転職に有利である20代という時期を無駄にしてしまうことになりかねません。

夜間の専門学校に通えば無理なく転職できる

そこでどうしても学校へ通いたい方に私が勧めているのが「夜間の専門学校に通う」という選択肢です。

特に家族を既に持っていたり、家計を支えている状況で学業に専念するというのは現実的な選択肢ではありません。

しかしながら、最近の専門学校やビジネススクールは仕事をしながらでも学べるような環境を提供してくれています。

医療福祉系の専門学校でも夜間クラスを開校している学校が日本全国にいくつもありますし、IT系の専門学校やビジネススクールは授業を平日の夜間や土日に集中させ、働いている人でも無理なく通えるようになっています。

ですから、どうしてもキャリアチェンジしたい、そのために学校に通いたいと考えているのであれば、仕事があるからと諦めずに、一度色々な学校を調べられることをオススメしています。

一般職から医療、介護業界へ、未経験でもIT業界へ、また経営コンサルタントへ転身するためにMBAを取得したいなど、学校をキャリア形成のツールとして上手く活用し、転職を成功させている人は大勢います。

あなたがもし、キャリアチェンジに関心があるのであれば、学校に通うという選択肢を是非検討してみてください。

転職を通じてキャリアチェンジすることもできる

仕事を続けつつ学校に通うのは時間的に無理だ、という方もおられますが、その場合は転職で未経験を受け入れてくれる企業を目指す手もあります。

看護師などの資格が必要な業界ではダメですが、資格必須ではないIT業界などはこの方法が向いているでしょう。

会社が研修制度を持っており、未経験での転職でも受け入れてくれる企業も多く、そこで学ぶことで働きながらキャリアチェンジを果たすことができます。

「今の仕事では10年後食べていけない」

「手に職の仕事をしたい」

ということであれば、まずは未経験でも大丈夫な求人を探してみましょう。

その際には、転職エージェントを利用するのが最良の選択肢となります。

転職エージェントは、無料で利用できて、かつあなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。

エージェントによっては10万件を超える非公開の求人案件を所有していますから、その中には未経験でも転職できる案件が含まれています。

転職エージェントに登録することで、履歴書や職務経歴書の作成方法から、面接のノウハウ、業界の動向まで転職をサポートするプロから直接アドバイスをしてもらえるので、まったく知らないような業界への転職では必ず使うべきサービスです。

エージェントは業界や企業の内部情報にも詳しく、激務な会社、離職率の高い会社など、ブラック企業を教えてくれたりもします。

転職初心者や未経験業種への転職についてもしっかりサポートしてくれますから、あなただけで未経験の業種へ転職しようとするのではなく、きちんとサポートを受けられるようにしたほうが良いですよ。

あなたが未経験の業界、業種へキャリアチェンジしたいと考えたときに最適なのが転職エージェントから示される様々な案件であり、その中でもオススメなのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で15万件を超える求人案件を持ち、かつそのうちの90%は外部には出ない非公開求人です。

年収や待遇がよい企業の求人を数多く有しており、年収アップ、待遇アップには最も向いている転職エージェントです。

大企業の関連会社のような、業績が安定しており待遇がよい求人から、業績が伸び続けているベンチャー企業の求人まで幅広い案件を扱っているのも強みで、エージェントも手慣れているのであなたの転職のサポートを書類作成から、面接対応までしっかりやってくれますよ。

求人は事前にエージェントが選りすぐったものですので、離職率が高い企業や労働環境に問題がある企業を避けることもできます。

土日でも相談にのってくれますし、在籍中から登録してキャリア相談をするには最適です。

非公開求人には優良求人が数多くありますから、あなたが一人では見つけられない求人に応募することもできますので、是非利用してみてください。

完全無料ですし、登録も5分で終わりますからまず登録だけでもしておくといいですよ。